医師転職関連情報

転科における医師転職

めまぐるしく変化する状況のなかで、医療の現場や体制も変化しています。日本においては超高齢社会が到来しますので、それに備えて医療系は早い段階から、準備をしていかなければいけません。医師転職においてはそのような背景から転科をのぞむ医師も大勢いて、そのような将来的な天望を考えた転職をおこなう医師も数多くいます。

転科においては現在いる診療科と異なることがあげられ、かっても分からないことが多いですので、不足の自体に備えて医療系のコンサルタントに助言をもらいながら、医師の転職を実施することをおすすめします。

医師転職は専用サイトで

医師転職のための専用のサイトが、続々と登場しています。勤務地、条件、診療科名、経験、給与などの求める条件から情報を検索することもできます。医師という職業は、安泰で給料も多いという印象がぬぐえません。しかしながら、勤務時間が長く職場環境がそれほど良くないケースは多々あります。

最近ニュースを賑わせている、医師や研修医の過労死、過労自殺の事実を聞いても、その状況がうかがえます。転職サイトは複数あり、それぞれに得意な分野が異なります。初めは最低でも2つ登録して、情報を見るようにしてください。需要は全体的に高く、情報はどんどん変化します。すぐに転職したいなら、こまめに情報を検索しておくのが重要です。

産業医による医師転職

昨今注目を集めている分野として産業医があります。医師免許のほかに日本医師会や産業医科大学など、実施される研修を受けなければなりませんが、医師免許に比べると簡単に取得できますので、医師であれば問題ないでしょう。

また、一般的な医療機関と異なる部分も多くあり、定期的に職場巡回をする必要などが出てきます。また、直接的な治療ではなく職場において健康リスクがないかどうかを判断したり、社員のメンタルケアなどをおこなうのが中心の仕事となります。医師転職をしようと考えている人には、インターネットの利用がおすすめです。

活躍の場が広がる医師転職について

医師の働き場所が広がりつつあります。一般的な病院や医療施設の他に、急増している高齢者施設や一般企業、また保健所勤務などの自治体があります。一般企業が求める医師は産業医として、また製薬会社ではメディカルドクターとしてニーズがあります。

また自治体の保健所では公衆衛生医師としての求人があります。医療機関以外での役割としては、医師の見地から求められる業務がメインとなるため、これまでのように、患者を治療するような仕事と大きくことなります。

例えば全国の保健所の所長さんは、すべて前職は医師です。医師転職で自治体に就職した方が、現在は行政に携わる公職になっています。

医師転職で覚えておきたい都市部と地方の現状

日本では医師不足が長く続いていますが、この状況は都市部と地方で差があるのでしょうか。都市部では医師の数は多いものの、患者の数はそれ以上に多く、比率として医師が足りていない状況です。

一方地方では医師の絶対数が足りません。絶対数が足りないとなると、何をするにも代わりがいないという事ですから、都市部と忙しさの質が違ってきます。また都市部と比較すると医療設備の質が低い傾向にあります。医師転職において就業地域を検討するならば、どのような医療にやりがいを感じるかが重要なポイントとなるでしょう。また、医療機関数の差から求人数は都市部の方が多いですが、給与は地方が多い傾向にあります。

医師転職サイトは医師求人が豊富 転科なら精神科がおすすめ

大学病院や総合病院で働く医師は、激務に追われています。激務で疲れ、転職や転科を望む医師が増えています。

医師の転職を成功させるには、医師求人情報を調べて、自分の希望に合った職場を選ぶことが重要です。そのためにも、医師転職サイトを有効活用しましょう。

1社だけではなく、2・3社登録しておくと、自分に合った医師求人に出会える確率も高くなります。転科を望んでいるなら、精神科や心療内科をおすすめします。精神科や心療内科は、一般内科や産婦人科・外科と比べても当直が少なく、時間外労働やサービス残業もありません。また、認知症などの精神疾患は重要な診療科であるため、やりがいも大きいです。

医師転職についての記事