医師転職関連情報

二重整形前のカウンセリング

整形手術を行う前には医師とカウンセリングを行います。

二重整形と言っても、すべての人が同じ様な二重まぶたにする分けではありません。それぞれ個人にあわせて、できるだけきれいに見える二重の幅やラインを選ばないといけません。

もしも、どんな二重まぶたになりたいという希望があるならカウンセリングを行う時に医師にしっかりと伝えておきましょう。医師は患者の要望にできるだけ答えたベストな二重整形を提案してくれる事でしょう。

その時にしっかりと打ち合わせを行っておく事が後で、イメージとは違うという事を減らせるでしょう。

二重整形の手術後について

新しい技術を使う事で二重整形自体は簡単に行う事もでき、安心して手術を受ける事ができるようになりました。

しかし、二重整形を終えた後には、しばらくの間は手術の傷が残る事がある場合もあります。傷が完治しない間は外出したくないという人もいます。

また、二重整形は目の部分だけなので外出する時にはサングラスを着用して出かけるという人までいるようです。手術を終えてからどの位の時間で回復する事ができるのか、できれば手術を行う前に聞いておきたいですね。

二重まぶたにする二重整形で使われる麻酔

二重まぶたにあこがれて二重整形にチャレンジしたいけれど痛みが心配という女性も多いのではないでしょうか。二重整形の際に使われる麻酔は点眼式なので注射が苦手という人も大丈夫です。術中の痛みはほとんどなく、埋没法ならメスも使わないので短時間で済みます。

術後は腫れなどが心配ですが、ダウンタイムを短くするには術中にリラックスしていることがとても大事です。恐怖で目に力が入ってしまうと腫れや痛みが大きくなるので、なるべく手術のことは考えずにリラックして挑みましょう。術後はその日のうちに帰ることができますが、サングラスなど目を隠せるものがあると安心です。

美容整形の二重整形の腫れない工夫について

二重まぶたできれいではっきりとした目元にしたいと思っている人もいることでしょう。自分でアイプチなどをしてみるというのもいいのですが、毎回自分でやる手間がかかったりしますし、元に戻ってしまうものです。今は美容外科で二重整形をすることができるような時代でもあるので、思い悩むのなら美容整形の手術を受けてみるというのもいいでしょう。

二重整形で気になるのが手術後の腫れです。切開法よりも埋没法のほうが腫れないですし、腫れないように工夫をしているところでは糸の掛け方が違うのです。糸を軽く結んで腫れを軽減することができるのです。大阪でも腫れを抑える工夫をしている美容整形もあるのです。

人気の二重整形で美容整形入門

近年は美容整形に対する国民の意識も大きく変化し、整形手術に対する抵抗感情はとても希薄なものとなっています。メイクやファッションと同じ感覚で整形をする、いわゆるプチ整形などが最たるもの。

それを後押しするのが最新整形技術の凄さです。再手術により自然な形で元に戻すことが可能となったため、昔のように整形の事実を周囲に隠す風潮はなくなってきています。

整形の扱い自体が軽いものになっているのですね。人気のある整形部位は顔まわりで、二重整形などは年齢性別問わず多くの人が施術を受けています。一重から二重にするだけで表情の印象も大きく変わりますので、美容整形の入門コース的な存在になっています。

二重整形の施術法と違い

二重整形手術には大きく分けて方法が二つあり、埋没法と切開法が一般的です。埋没法は糸をまぶたに通して、二重まぶたを作る施術です。腫れや痛みは少なく、短い時間で二重を手に入れられる手術です。

切開法は、埋没法と比べると仕上がりの強度が強く、崩れにくい二重まぶたができますが、腫れや内出血などによって活動の制限が発生する可能性があり、埋没法と異なり手術後に元のまぶたに戻せないという特徴もあります。手術後をしたのに元に戻したいと後悔をしないように、事前に正しい知識を調べてから手術を受けるか検討することがおすすめです。

二重整形・二重まぶたについての記事