医師転職関連情報

年齢不問の精神科の医師求人

年齢不問の精神科の医師求人について

精神科の医師求人の場合には、年齢不問というものがあります。その理由としては、医師を判断する場合には、この分野では年齢ではなく、経験で判断すべきと考えられているためです。

いくら年齢が上であっても、精神科といった分野はとてもセンシティブなものであり、経験なくして解決することができないような問題がたくさんあります。そのため、これまでのどういった患者さんに接してきて、どのように対応してきて、最終的にどのような結果となったかといったことが医師求人として求められている側面になります。あくまで、年齢は参考値でしかありません。

オンコールの少ない精神科の医師求人

医師にとって辛く感じることがあるのがオンコールです。夜中であっても、いつ呼び出されるかわからないようのは精神的に休まりません。使命感がないととてもできません。そのような中にあって比較的オンコールが少ないのが精神科です。年々うつ病を発症する患者が増え、それに合わせて医師求人も少なくありません。

医師求人に関しては、求人サイトなどに希望条件と一緒に名前を登録しておくと、サイトの専門のスタッフが条件に見合った求人情報を教えてくれるので便利です。

現在の仕事を続けながら新しい職場を探す場合は医師求人サイトを大いに活用すると良いでしょう。

精神科の医師求人応募で必要になる免許

医師求人に応募するためには医師免許がなければ応募出来ません。どの科の医師なるにせよ、医師になるためには大学の医学部に進み学ぶ必要があります。大学の医学部で一つの科の勉強だけではなく、内科や眼科外科など全ての事について勉強をします。

大学の医学部で6年間学び、卒業をして医師国家試験に合格して医師免許を取得してから医師として勤務をしますが、この時点ではまだ精神科の医師になることは出来ません。臨床研修医として2年間いろいろな科の仕事を順番にやります。そしてようやく精神科の医師となれるのです。

これで希望する科の医師求人に応募することができます。また一定の経験を積んだ後、試験に合格をすれば精神保健指定医という資格を得ることが出来ます。

精神科経験者の医師求人の応募について

精神科の医師求人においては、経験者を募集していることも多いです。その背景には、患者の心の中を理解しなければならないという事情もあるからです。特に重い疾患の人に関しては、思いもしない行動にうつることもありますので、無理なく対応できるひとの応募が好ましいです。

また、体格のいい男性患者となると、力も強く、医師自身がけがを負ってしまう恐れもありますので、経験者を中心に医師求人を出しているところも多いです。医師は人の命に直接かかわる仕事であるため、募集要項も厳しい内容が多く、ここにあった職場を見付けるのも難しいです。

精神科のための医師求人

インターネットが幅広く利用されることによって、医師の方でも手軽に医師求人情報を探し出すことができるようになっています。

特に、様々な診療項目や症状の取り扱いに分かれていることが多い精神科の求人の場合、特定の資格の有無や、特定の症状のみに対応されているクリニックなども多く存在しており、希望条件や目的に合わせた求人情報が必要とされるケースもあります。

医療業界に特化された求人サイトなどでは、勤務条件や勤務内容の他にも、医療施設の情報を応募前に詳しく調べることができるため、不安な心配事を払拭しながら求職活動が行えます。

精神科の医師求人で見るべきポイント

精神科の医師求人で見るべきポイントはいくつかあります。まず第一に病床数に対しての、医師、職員の割合です。医師、職員数が著しく低いと業務が大変な場合が多いです。常勤、非常勤の数も大事です。

第二に夜間当直の有無です。夜勤が苦手な人は、夜間当直無しの医師求人を探したほうが良いでしょう。残業の有無、休暇休日も重要です。

精神科は比較的他の医師求人と比べると勤務条件が緩かったりする場合が多いですが、場所によっては外科、循環器科などと同じように忙しい病院もあるので、残業の有無、休暇休日の日数はきちんと確認しておきたいです。

医師求人・転職についての記事