医師転職関連情報

二重整形以外の方法で二重まぶたに

学生の間などは、お金がなかったり、親に納得してもらえなかったりして、二重まぶたになりたい気持ちは強くても、二重整形を受ける事ができる事もあると思います。しかし、二重整形以外の方法で二重まぶたになる事はできない分けではありません。

二重整形をすると、何もしなくても二重まぶたをキープする事ができますが、二重整形以外の方法では二重まぶたにするために、メイクのテクニックが必要であったりする事もあるようです。

二重整形以外の方法であっても、練習して慣れると短時間で二重まぶたになる事ができるという人もいるみたいです。まずは、諦めないでしばらく練習してみるのもいいかもしれません。

二重まぶたとわきが治療について

二重整形やわきが治療などを専門とする美容外科クリニックは、全国的に増えてきており、定番の施術のメリットやデメリットをきちんと比較することが重要となります。とりわけ、二重まぶたに関する問題を抱えている場合には、早いうちに美容外科クリニックや眼科などの専門医に相談をすることが肝心です。

また、最新の二重まぶたの手術の申し込み方については、若者向けの美容雑誌などで度々紹介されることがあるため、仕事や家事などの空き時間を利用しながら、複数の美容外科クリニックの症例をチェックすることで、何時でも冷静に対応をすることが出来ると言われています。

二重まぶたにする二重整形の術後に内出血した場合のケア

二重まぶたにするには埋没法は二重整形の中でも糸で留めて二重にする方法なので気軽に施術できますが、埋没法での二重整形で術後に内出血が気になる場合があります。個人差はありますが消えるまでに1〜2週間程度は必要になりますが、必ず消えるため心配はいりません。

埋没法の施術後に内出血を軽減するには術後腫れている3〜4日は冷やした後に温めると効果的です。冷やすだけや温めるだけでは効果がないため冷やしてから温めること大切です。冷やして温めることを交互に行なうと改善することが期待できます。また腫れていなければお風呂にはいって身体を温めることも効果的な方法です。

美容整形の二重整形方法「目頭切開」のデメリット

大阪に在住していて二重まぶたにあこがれている人の中には、美容整形外科で二重整形手術を受けてそれを実現させている人が少なくありません。

その二重整形手術の代表的な手法の一つに目頭切開と呼ばれるものがありますが、これは目元がすっきりしたものになり、目の横幅が広くなることで目が大きい人であるという印象を持たせることができる反面、鋭い印象をあたえやすくなったり、黒目の割合が大きくない人だと三白眼になってしまう可能性があります。また、目頭切開は他の手法と比較して傷跡が目立ちやすいのもデメリットです。もし、人前に出る機会が多い職業に就いているのであれば、医師に相談して傷跡が目立ちにくくなるような措置を講じてもらうようにしましょう。

二重まぶたに憧れるなら二重整形

一重まぶたにコンプレックスを抱いて、二重に憧れている方は多くいると思います。二重まぶたと言えば、ぱっちりしていて目元が大きく見えるなど良いイメージを持っている女性が多くいます。

どうにか自分も二重に慣れないかとアイプチなどを使って工夫している方も少なくないと思いますが、そういう方におすすめなのが美容クリニックなどで行っている二重整形です。大阪には美容クリニックが多くあり、ネットなどで調べて気軽に行くことができます。整形手術には数種類方法があるので、ネットで調べたり、実際に施術を受けた人の意見を聞いたりして二重整形を受けることが良いです。

二重整形による二重まぶた

近年、昔では考えられないほど一般的なものとなった二重整形ですが、実際にメスを入れるものからプチ整形と呼ばれる埋没法まで、その施術法は多種多様化しています。私は大阪の美容整形外科で、3点埋没法による手術を受け、念願の二重まぶたを手に入れました。

元々まぶたが重たかったこともあり、3点で留める埋没法にしていただきました。術後の腫れは2週間程度で治ると聞いていましたが、気にならなくなるまでに1か月、完全に自然になるまでには2 3か月かかりました。お金をかけ、脂肪吸引等を合わせることで、腫れは少なく、よりナチュラルな仕上がりになるようです。手術を受け約1年が経過したが、二重が取れてきた感じはありません。

二重整形・二重まぶたについての記事